2018年7月22日日曜日

カジノ地方攻防の始まり

戦いの鐘が鳴りました
カジノIR実施法が成立した瞬間
戦いの舞台が地方へ移った


( - ゛-) カーン


カジノ(IR)に申請する地域
現時点では北海道・大阪・和歌山
そして長崎のようである


申請をすると言う意味
自治体が積極的に誘致を行っている
そう言うことである


では地域の人の反応は?


大阪は一度住民投票で否決
都構想の是非の中で否決されてる


ただその時は大阪自民党と公明党
彼らと維新は対立していたのです


今回カジノを取り出し
大阪府議会や大阪市議会
議決したらどうんるでしょうか?


微妙ですよね
通る可能性が高いでしょう


大阪の自民党や大阪の公明党
どのように考えてるのか?
聞いてみたい


その回答によって
大阪府民は選挙への投票
考えた方がイイ


大阪府民の世論調査
他の地域と同じようにカジノ反対
圧倒的に反対が多いのです


府民を無視して進めるカジノ誘致
大阪府民の意志を示す時が来る


来年は地方統一選挙
大阪は府と市と両方選挙である
ようするにカジノの是非
争点になるでしょう


大阪維新は明確に賛成を打ち出す
大阪自民党も大阪公明党も
賛成で打ち出す可能性
高いでしょう


国政で賛成を示してますからね


明確にカジノ賛否
大阪府民が示す時が来ている
徹底的に議論すべきでしょう


その結果を来年の府や市の議員選挙
地方統一選挙に投票して示すべき
住民の声を届けられる場
あるのです


いろいろやってきますよ
カジノを進める外資による
裏工作も盛んに行われるでしょう


イベントにカジノ関連企業の名
これからどんどん増えてくる
タレントも参加してね



拝金主義者は人を騙し
取り込むのは上手ですからね
騙されカジノ賛成に回る人も増える


北海道はどうなのでしょう
2019年春に任期が終わる高橋知事
カジノ推進の立場であることから
立候補するなら争点になる


間違いなく
北海道の知事選がカジノ賛否
争点になることになる


外国人が苫小牧にカジノ?
どんな層の外国人を対象にしてる?
構想段階からちんぷんかんぷん


映画の物語なら
北海道の素朴な農家のおっちゃん
カジノで負けて金を失ってしまう
土地も外国人のものへ


悲しい一家離散の物語
北海道物語として作られそうである


「むふ」


どんな試算をミテ
カジノ進めるのか意味が不明である
一度資料を貰って読んでミマショ


ちなみに・・
カジノ申請を予定している地域
北海道の苫小牧や大阪や和歌山
そして長崎の佐世保


このすべての場所
僕は行ったことがあります
なのでどんな街でどんな人たち
暮らしてるのか知ってます


地域産業についても
仕事で行っていましたから
少しは知っている


頭に成功のイメージが浮かばない


僕はカジノ反対ですけど
なぜここまで進めるのだろう?
逆にとても興味しんしんである


何が出てくるのか?
また役人からいろいろ情報
出てくると思いますよ


楽しみですね〜


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ〜


*お知らせ
20180722投稿の日替わり画像
三茶の銭湯弘善湯です。


iPodから送信