2020年11月27日金曜日

農家のおっちゃんらのプランが桜を切り商業ビルを求めた?(七里駅の桜の木):20201127

 写真を撮影してると気が付く。さいたま市見沼区の七里駅北側区画整理地域は大きな庭木が多い。都市プランを作る時に生かせないのはなぜだろう?



(- ゛-) でこぴーん!



大きな庭木が何か所もある。これってランドマークじゃん。(その地域を特徴づける目印となるもの)。



郷土の宝を探したり桜回廊を売り込んだりするさいたま市。頭の悪さにびっくり。こんな観光資源豊富な地域の都市計画プラン。どこにでもある商業地域にするだと。「はへ~」。



都市プランってその土地が持つ歴史や景観を考慮して描きます。これって基本中の基本である。少しずつ日本もその地域が持つ歴史や地域の特性を都市プランのデザインに入れ込んでる設計を見ることが増えている。



なぜか・・。さいたま市見沼区にある七里駅北側の区画整理。まったく都市プランにこの地域の歴史や特性が生かされてない。誰がどうしてこんなプランを描いたの蚊?



不思議な都市計画プランだ。



普通に考えれば組合が補助金をさいたま市に求めた場合。地域の人がこの地域を描いたと思われるでしょう。さいたま市は組合(地権者)が桜の木を切るのも決めたと言ってます。



計画のどこにも地域の歴史や地域の特性が盛り込まれていない。盛り込まれてるのは七里駅と東大宮駅を結び広い道路に商業ビルを建てて商売する人を誘致する。



●埼玉県建設新聞へのリンク



これが農家のおっちゃんら考え蚊?



「は・ひ・ふ・へ・ほ~」。



ミ((((( ̄○ ̄) クサ



東武鉄道七里駅の桜の木監視中

●反対署名リンク  

●陳情書へのリンク

20201127晴れ。

切られてませんでした。「ほっ」。


引きで桜の木を撮影しています。「パシャ」。

景観条例を持つさいたま市。この景観は守るべき対象じゃないの?

日本工業経済新聞

埼玉新聞

朝日新聞

毎日新聞

大宮経済新聞20201114

毎日新聞20201119

朝日新聞20201125


■視覚障害者美術鑑賞レポート2019完成

*写真アルバムは現在準備中


■納税者一揆と元財務省赤木さんの写真


■お勧め文章*準備中

・立憲民主党のポスター
ディスカウント店に無断掲示


■リンク先
森元法務大臣が京都コングレスのメッセージで書いてます。”平和と公正をすべての人へとね。「ハリセンボン飲~ます」。
第14回国連犯罪防止刑事司法会議(延期)


PR支援ボランティアを始めました。


*お知らせ
instagramへの投稿は#が反映されないので休止。







■到着まで何日でショー(完了)
・特定定額給付金振り込みまで
4月20日から78日目:振り込み確認。
これが日本人が誇るじゃぱーんだ!
*6月10日申し込み用紙は51日目で届く。

・アベノマスク到着まで
4月01日から73日:届きました
*20200612届きました。「笑い」。
どうしましょうかね~