2021年8月3日火曜日

ぷちゅ。お~イテ。コロナワクチン1回目接種:202010803

2週間前からお酒を控えて来た。お酒飲むと内臓の数値が悪くなる。基礎疾患があるからだ。少しでも体調の良い状態で打ちたい。お酒を控え運動を続けてきた。お腹も少しすっきり。


(- ゛-) ぷちポコ


電話で予約すると家の近所で集団接種会場があることを知る。歩いて行ける距離にある大学だ。そこで接種を受けることにする。


今日がその第1回目の接種日だった。


私が打つ新型コロナワクチン。

書き出すとこうなる。


ファイザー社製

販売名:コミナティ筋注

効能・効果:SARS-COV-2

接種回数:2回(通常3週間の間隔)*筋肉内に接種

接種対象:12歳以上

接種量:1回0.3mLを合計2回


15分間隔に10名くらいなのだろうか。時間指定された予約時間に人が集まっていた。完全予約なので待ち時間も少なく楽ちんである。


システムがきちんと機能してることを確認。


注射を打ってくれたのは手慣れた看護師の方のようだ。あっという間に終わり。チクっともしないのに驚いた。


予定では痛いコメント書こうと思っていた。


「むふ」。


接種の時間はお昼に近い。午後はどうなるかわからなかったので何も予定は入れておかなかった。


アナフィラキー反応も無い。


接種後約5時間以上経つ。大きな体調の変化は無い。ただ打った肩が筋肉痛のような感触が出て来た。それだけですね。


針を刺し毒(ワクチン)を体に入れたのである。なんも変化が無いことのが不思議である。ワクチンが効いているという印かもしれません。


ポジティブに考えながらこの文章を書いている。


ワクチン接種後に深刻な症状が出た時の対応が書いてあるチラシを貰う。埼玉県は24時間土日祝日対応の電話番号にかける仕組みのようだ。そんなチラシを帰る時に貰う。


チラシを見ると電話番号が変わった痕跡がある。いろいろ電話番号も変わりながら試行錯誤。この結果が現在のかたちなのだろう。


電話を掛けたことがないので対応はわからん。


ワクチン接種もネガティブ報道を目にしてきた。8月3日に自分自身でワクチン接種を受けた感想。現在の所は問題を感じることはない。むしろ機能してると感じている。ようするに改善され進歩したのだろう。


ところでアメリカではワクチン接種者にはハンバーガーのタダ券が配られた。今日貰ったのは熱中症防止の塩飴ひとつ。


「ぺろーん」。


おいしゅうございました。


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ~


文責:斉藤吉智(080-7708-5501)

◇七里駅橋上化・区画整理と七里の桜詳しい内容

■七里の桜や橋上化・南北自由通路経緯

■不開示決定書から見えるさいたま市

■私の提案(市長への質問と回答)

 

七里の花咲かおじさんとおばさん

*応援してる会のブログです。

-----

視覚障害者の美術鑑賞レポート

*年1回作成し広く知って頂く取り組み。

 

■ご紹介

大内 進

手と目でみる教材ライブラリー

以下のサイトに当ライブラリー及び「手でみる絵」の取り組みが紹介されています。

○日本文教出版Webマガジン「形 Forme 」No.316

手と目でみる教材ライブラリーは楽しさと学びの宝庫 | Spotlite

○“触れる美術館” 手で見るアート 日テレNEWS24

ラジオ日本「小鳩の愛~eye~(AM1422)」に出演しました。

ラジオ日本 「小鳩の愛」のサイト、ポッドキャスト欄でお聞きいただけます。

  ○Webマガジンに「学びと」”学び!と共生社会” に執筆しています。

 

-----

 

 

視覚障害者の美術鑑賞レポート2020制作中

 

■私のプロフィール。