2018年8月10日金曜日

みなかみ町さんよ〜

なにしてるのかね〜
セクハラ問題で議会解散
選挙理由がRDF(固形燃料)是非


( - ゛-) でこぴーん!


争点をすりかえたのか?
群馬県のみなかみ町のことです


前田町長は厚顔ですね
あからさまな誤魔化しにミエル
セクハラ選挙じゃなかったのか?
事実は違うのか?


こんな人たちばかりが政治の世界へ
日本が良くなると思いますか?
そう思ってしまう


国政では安倍政権が嘘を吐きまくり
地方でもおかしな首長や議員ら
そんな人が多いのに愕然


選挙に行きたくなくなる日本人
その思いは良くわかります


自民党だけでなく
特に地方議会はリベラル系も酷い
僕はしゃんしゃん議会と呼んでます


なんでも反対が無く
賛成多数にてしゃんしゃんと拍手
通ってしまうからです


みなかみで起きている
RDF(固形燃料)問題もそうだ
国の補助金に群がり失敗した


カジノと同じである
日本は作っちゃ失敗してます


これは笑い事ではないのです
無駄に税金が大量に使われるのだ


僕は固形燃料のリサイクル事業
とても詳しい人である


数年間固形燃料のプラント事業
関わっていたことがあります
福祉の仕事を辞めた後
環境事業の会社
勤めたからだ


いつだったかな〜
環境担当の新聞記者と議論
環境展で議論になったことがある
ブースを出展してたからね


2005年頃かな〜


記者の認識が古くて浅くてね
現実の問題点を知らないのです


まずRDFと言う固形燃料
ゴミを固形燃料できると言う技術
知識の浅い頃の製品である


どうやって固形燃料にするの?
ゴミと言ってもいろいろあります
内容成分もいろいろである
単純に不思議でしょ


燃やすボイラーのこと
知る人なら内容物の不安定製品
安定して燃やすことの難しさ
すぐに頭に浮かぶでしょう


RDFは燃焼コントロールも難しい
燃えやすい物と燃えずらい物
綺麗に灰にできなければ
燃えカスばかり残ります


ようするにゴミが出てしまうのです
大量のゴミが出ればコストである
産廃の費用もバカにならない


固形した燃料の中
ガスが溜まってしまうこともある


大量に密閉された中に保管
自然爆発の事故も起きています


RDFは問題があり
RPFと言う固形燃料に変わる
燃焼カロリーコントロールした製品
手間暇をかけた製品に切り替わる


ようするに・・
ゴミの内容物を選別したもの
固形化することで燃焼カロリー
ある程度整えた製品にした


当然コストが増えます
そのコストに見合う仕組み
ゴミの回収から燃焼させるまで
一連の仕組みが重要になります


最近こんなニュース見ました?
中国が世界のゴミの受け入れ
中止したとの報道


そうです
日本からも大量のゴミ
中国へ輸出されていたのです
日本の商社がやっていました


経済産業省が補助金を付け
固形燃料を作る工場を作らせた
ところが重要なプラスチックゴミ
燃焼カロリーの高いゴミ
中国へ輸出を始める


燃焼カロリーを安定させるゴミ
減少してしまったことにより
遠くの方まで回収に行き
コストが上がる


ゴミを固形燃料化する事業
再三が合わない事業になった


「・・・」


またRDFの固形燃料
製造過程でもダイオキシンが発生
こんなニュースもあるでしょ


ダイオキシンのできるメカニズム
わかる人はいますか?


意外と環境問題に取り組む人でも
知らない人が多いのである


塩素が燃えるとダイオキシン
発生するのです


プラスチック製品の中
塩素が沢山入ってる製品もある
塩ビとかよく聞くでしょ
これがそうだ


塩ビは優秀なプラスチックだ
すごーく強くて安く優秀な製品
いろんなものに使われていたのです
この製品を分別しなければならない


分別しないで固形化したもの
これがRDFと呼ばれる固形燃料
分別したのがRPFと呼ばれた


本来はゴミの回収段階にて
塩素の有無を確認したゴミを回収
これが一番コストが安く済む方法だ


ところが優良なゴミほど
中国に輸出されてしまいます
再三が合わなくなった企業が多発
酷いことになっていた


製品の売値を上げなければならない
燃料としては石炭と比較しますから
石炭より高くはできません


すごーく厳しい現実の状態
どこまで国やメディアが理解した?
記者と議論になったくらいですから
あまりよくわからない人が多い


現実のリサイクルの実体
固形燃料だけでなくかなり厳しい
そんな現実があったのです


国も補助金を出し
大手企業も事業に乗り出し
うまくいかないことは表にださん


商社は必要なプラスチックゴミ
中国へ輸出してしまう


予定した採算が合わない
なんだこの国は?


お仕事で事業に関わりびっくりした
日本が経済成長しなかった理由
リサイクル事業からミテも
わかる気がした


みなかみ町は不思議である
誰が固形燃料を使い燃焼させ
エネルギーとして使うと提案した?


提案書を調べた方がイイ
廃棄物を取り扱うにしても
当然県の許可が必要になること
これも常識である


しかもRDF?
こんな固形燃料は使いません
販売するにしても買い手がほぼない
塩素の含有量が不明なもの
売れないのです


仮にみなかみ町のボイラーにて
燃やしていたらボイラーの耐久年
通常よりかなり落ちるだろう


塩素で炉が傷むからだ
どえらいランニングコスト
かかることになります


これっ・・
固形燃料を扱う会社の常識です


日本は大丈夫ですか?


ミ((((( ̄○ ̄) 蚊?


*お知らせ
20180810投稿の日替わり画像。
大宮の氷川神社の参道です。


iPodから送信

0 件のコメント: