2018年5月30日水曜日

障害者年金支給停止予告?

障害年金が打ち切り?
判定にバラツキがあり整えた結果
打ち切り者が出るのは当たり前です


( - ゛-) 驚きません


1010人の人が打ちきりになる
たぶん医者の判定は変わらない
病気の判断とは違うからね


障害の程度の判定ですから
判定が変わる人は少ないでしょう
厳しい感想です


この判定自体は正しいと考える
バラバラだった判定基準を一元化
その結果受給対象外者が出たのだ


問題はここから先なのです
障害者年金受給範囲を広げるべきか
このことを議論しないといけません


民主主義の国なら
現実の暮らしを考え
時代に応じて受給範囲を変える
変えることができますからね


1010人の人たち
彼ら障害者年金支給停止予定者
支給停止になった時の暮らし
どのようになるのか?


困る人が出るなら
他の制度で補えるのでしょうか?
ここが重要なのです


日本は縦割りの国ですから
全体的に人を支える仕組みがない
考えてないことが多いのです


形だけはあるけどね


障害者年金には逆の例もあります
障害者年金って得する人もいる
そう言う制度であること
このことも知るべき


障害者年金を貰いながら働く人
普通に一般企業で働く人でも
障害者年金を貰う人もいる


障害者年金のお金
障害者の人のための特別な貯金
利率が高い貯金に障害者年金
全て貯蓄する人もいるのです


切られる人もいるけど
得する人もいるような制度です
アンバランスな制度ですよね


障害者年金を議論するなら
どんな制度なのか知るべきでしょう
知った中で議論すべき


これが日本はできない
得する人は話題にしてほしくない
既得権を守りたいから


難しいのです


本当は・・
障害者雇用率が上がってるのだから
こう言う時は所得に応じた支給停止
導入すべきなのです


浮いた分で必要な対象者
支給範囲を広げてもイイはずだ


1010人分くらい
予算が作れると思いますよ


支給対象を広げる必要
あればと言う前提ですけどね


本当は・・
障害者年金はいずれ無くなる
そう言う議論も起きるでしょう
ベーシックインカムの必要性
議論がはじまるとね


こんなこと書いてますけど
全ては政治家の都合で決まります
政治家を選ぶことが大切ですね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: