2018年4月28日土曜日

これは権力者と大衆の戦い

ネットでニュース検索
どこまで森友・加計は進んだか
ミルと未だすっとぼけています


( - ゛-) ぱーんち!


こんなに怒りを感じさせ
支持率があがるわけありません
ネットの時代はしつこいのです


話題を分散しても
新聞社はまだまだイケル
追求できる要素がありますから
話題作りを行います


当然である
ヤらない方が変です


加計学園問題なら
愛媛県から出た備忘録
または官邸に来ると言うメール
証拠が確認されましたけど
そこから進んでいません


ここまで証拠が出てるのに・・
のらりくらりとすっとぼけている


追求しない方がへんだ!


どうなったかな〜と思い
時々検索するのが人の心理である
注目度が常に高いのです


すっとぼけようとする権力者たち
追求しようと言う国民の思い
大衆と権力者の衝突である


だから・・
抗議集会やデモのネーミング
納税者一揆などのコピーが使われる
大衆を意識させるネーミングだ


メディアと権力者ではなく
これは大衆と権力を私物化した者達
民主主義を創ろうとする戦いである


民主主義は煽動にもろく
国を危うくする仕組みと言われる
僕もそう思っているひとりである


では独裁政権がイイのか?
アホが独裁を行えば国が滅びる
安倍政権がイイ例になるでしょう


問題意識を持ち
民主主義を疑うのは大切だと思う
ただ同時に独裁政権の危険性
このことも危惧している


安倍政権を見れば
権力者の権力を高める危険性
多くの人が感じることになった


権力者の権力を弱める方向性
これから高まることになる
それが自然である


日本は混迷状態になるだろうけど
日本を創る上で重要な過程である
徹底的に迷い考える時期にすべき


世界が動いている中
日本は何をヤってると言う声
これは日本を見てない人の声だ


安倍政権が外交で動いても
勝手な行動としか見えなくなってる
政権への信頼が失われてるからだ


一番重要なこと
日本人が日本を知り考えることだ
知ることすら妨害してるのが安倍ら
自称保守等である


日の丸が泣いてます


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: