2018年4月11日水曜日

朝日新聞の復活ですね

慰安婦報道で躓き
国民の信頼を失った朝日新聞社
森友・加計・・安倍疑惑で挽回した


( - ゛-) ぱふ


次々ヒットを飛ばしはじめた
森友の文書改竄と言うヒットの次
今度は加計で首相案件を発掘


東京新聞の望月記者に影響されたか
何をすればイイのかがわかり
動いてるようである


慰安婦報道では批判していた人も
朝日新聞の安倍疑惑追及報道
評価する人も多いのです


僕もそのひとりだろう


国民の多くは思想性は少ない
真ん中あたりをウロウロする人
そんな人が多いのです


保守もリベラルも関係なく
おかしいと思えば批判をします
逆に真実を追い求める報道に対し
評価もします


安倍疑惑は不正そのものだけでなく
日本の国の姿を国民は見ている


隠蔽・偽証・改竄が堂々と行われる
日本は独裁政権と同じであること
このことも見つめているのだ


だから・・
国民の追求は止まらない
真実が明らかになるまで止まらない


安倍疑惑は常に多くの人の関心事だ
日本の国の姿を知る機会だからだ
この国の姿を知り直すまで
報道して欲しいね


籠池夫妻の異常な長期拘留も変だ!


どこの国に・・
起訴もせずに8ヶ月も拘留を行う
そんな先進国があるのだ?


籠池夫妻の口封じが行われている
そう思うのが自然である


どこの国に・・
準強姦事件を警視庁の刑事部長
逮捕資料も読まずに中止させること
行えるのであろうか?


逮捕中止の理由の説明もない
こんな独裁国家を放置するな!
そう思いませんか?


国民が疑問を持ち声を出すこと
これが民主主義の基本である


メディアが権力の監視を言うなら
その言葉通り行って欲しいね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: