2018年2月13日火曜日

仮想通貨どこまで萎む?

日本では仮想通貨NEMが盗まれ
イタリアからはNanoが盗まれた
580億円・211億円消えたと聞いても


( - ゛-) ぱふー


なんのことやら
要するに投機に参加した人のお金
そのお金が盗まれたのでしょう


一般の投機に参加しない人にとり
まったく関係ない話ですから
遠い所の話です


何年かに一度
必ず大量に損する人が出る
仮想通貨はそろそろその時期である
投機に参加する人は気をつけましょ


知っていても博打好きの人たち
やっちゃいますけどね


現在の仮想通貨参加者たち
競馬に投資してるようなものだ
上がる理由もなく勝手な予想
信じて購入してるのである


参加者たちを調べるとミエルと思う
サブプライムローンに投資したり
何度も同じような失敗
繰り返す人たちだ


違いますか?


「クゥ〜」


眠くなってキタ
正直仮想通貨には魅力を感じない
ただの投機商品としての認識
固まりそうだからね


投機商品なら
博打好きの一部の人たちだけが参加
普通の国民は参加しません
関係ないのです


量販店で仮想通貨が使えるとか
いろんな試しが始まってますけど
価格の安定しない通貨でお買い物?
できるわけありません


多くの人は価格がピークに近い時
購入してるようですから


仮想通貨でのお買い物
お得感はない


高い買いものなってしまう


仮想通貨でのお買い物
買い物ゴッコに参加
そんな気分かな?


ミ((((( ̄○ ̄) むふ


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: