2017年7月7日金曜日

姑息な安倍政権

前川前次官の参考人招致
森友の籠池と同じ日である


( - ゛-) こ・そ・く


国民のほとんどがそう思うだろう
その場しのぎを優先する根性ナシ
姑息さがミエマスネ


対峙できないのである


ぼんぼんらしい戦略である
安倍や周りの奴らは弱虫です


陰でこそこそ前川前次官を貶める
警察使ったり読売新聞使ったり
広告代理店を使ったり


日本の自称保守等は卑怯者である


「だろ?」


それに比べ森友の籠池や前川前次官
正々堂々と意見を述べる姿は立派
国民の多くは応援するでしょう


民主党から安倍政権へ変わる時
多くの国民が民主党に鉄槌を与えた
同じように国民は自民党へ行う


これは多くの国民やメディア
すでに想定してるのである
当然である


安倍政権は権力の私物化をした
その疑いをきちんと説明しなかった
それどころか警察や読売新聞を使い
意を唱える者を悪者にしようとした


このことを見ても
未だに印象操作するエセ保守等
呆れますね


風の意味を知らないのだろう
風とは保守でもリベラルでもない人
真ん中にいる人達が動いた時
起きるのである


この人達は浮動票が多いのです


真ん中の人達に疑いを持たれた
それなのにエセ保守がしていること
なんと保守支持者への対応をしてる


「・・・」


あまえらバカ?


籠池や前川を悪者にする戦略
やればやるだけ真ん中の人は疑う
安倍政権への嫌悪感すら感じる


真ん中の人達
安倍政権が誕生した時
安倍を応援した人達が多いのです
なぜエセ保守等は無視するのか?


答えは脳味噌がピーマンだからだ


「から〜ん」


社民党とか民主党とか
個人主義者が多いことがバレ
見放された


今度は自民党の姑息さがミエタ
自民党ではダメだと認識した人達
大量に作ってしまったのだ


終わりである
予定通りとも言えるけどね


自民党の崩壊こそ
戦後日本からの脱却の始まりだ
混乱の中に新しい芽が出る


不安と期待の狭間に日本人はある


新しい保守新しいリベラル
そして中道を作りましょう


ミ((((( ̄○ ̄) け〜せら〜せら〜


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: