2017年6月13日火曜日

築地も売らず豊洲移転

小池百合子は発想の転換力があるな
豊洲移転を軸に市場は移転し
築地は売却せずに貸す?


( - ゛-) クス


歴史的な場所を残す方法としてある
京都の上賀茂神社だったかな


どこかの不動産屋に貸し出し
期限付き住宅の販売を確かした
超高級住宅である


そのお金で神社を維持


歴史ある神社の土地は売れん
低地借地権にすれば
氏子も納得か?


築地のブランドは東京の宝だ
残したい思いの人は多いだろう
築地の開発に手を挙げる民間企業
アイデア募集と言うところでしょう


常識から考えれば
下層階はフィッシャーマンズワーフ
上層階にビジネステナントかな


豊洲市場と連携できる
築地の食品のブランドを生かせる
観光資源にできるだろう


市場の収入を増やせる
ここはとても重要なのです
豊洲は移転後に毎年赤字が出ます
扱い量が減ってるのである


この問題への対応をせず
移転は自殺行為だ


築地ブランドの集客力を利用したい
そんな企業はいるだろう


お手並み拝見ですね


21年前かな
バンクーバーの再開発地域
フィッシャーマンズワーフに行った


沢山観光客が来ていたね
港の再開発のお手本として
役人も沢山見に行ったでしょう


22年前にフランスのマルセイユ
港で屋台の店が沢山出ていた
ウニがその場で食べられた


貝殻のスプーンをくれ
はさみで割ってくれたのを食べた
漁師の粋な演出だ


築地が注目されたのはマグロだ
マグロを解体したものを食べる
新鮮さの演出があった


築地ブランドを生かし
都民の財産として残せるのか
お手並み拝見しましょ


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: