2017年2月6日月曜日

ポスト・トゥルース

良質な情報が駆逐される?
慶応の教授の大石裕の書いてること
ポスト・トゥルース


( - ゛-) ぱふ


ひらめきの悪いカタカナ語
日本語の説明を同時に使うこと
お勧めしたいですね


意味が伝わらん


大石裕の書いてる通り
客観的な事実より感情が政治に影響
確かにこの傾向はあるけど
表面をさらりだけだな


もう少しどこかに書いてるのか?
もっと掘り下げて書いてもイイ内容
旬な内容だからね


"ネットの時代になり
 マスメディアのジャーナリズム
 危機を迎えます"


その通りですね


多くの人たち
単純にマスメディアは信用できん
偏向報道するなと言う感情を持った
ここが重要なのである


ここをきちんと書いて欲しいね
この感情を作ったのがマスメディア


日本で起きたことを振り返る
大量の韓流ドラマを流していた
事実と異なる慰安婦の嘘を書いてた
いろいろありましたね


「いい加減にしろよ!」


そう思うのは自然である
この感情は世界中で起きていた
移民と言う言葉で置き換えられる


移民に対しての反対
差別と叫ぶことで黙らせてキタ
多文化共生はイイことであり
欧米では成功している


日本ではそう報道されてキタ
移民を拒否するのは拝外主義者
差別者だとね


この反動がポスト・トゥルース
繋がってるのである


僕は1995年
欧州を1年間旅して歩いた
この時に多すぎる移民に対して
隠れて問題視する人たちが沢山いた


表だって言えないのである
拝外主義者だと批判されるからだ
日本と同じだったのです


言論が押さえられていた
これが原因である


客観的な事実より感情が政治に影響
いい加減にしろと思った人が多い
感情で動くのは自然である


重要なポイントだ


事実を曲げて
差別という言葉を使い押さえ込む
世界中で行われてキタ


その結果


ポスト・トゥルース
客観的な事実より感情が政治に影響
与えるようになったのだ


この心理について・・
否定でも肯定でもイイ
きちんと事実を具体例を通して
多くの人が書くべきである


なぜ客観的な事実より
感情で政治を動かすようになったか


人は心の生き物である
客観性だけで動ける生き物ではない


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: