2017年1月8日日曜日

日本のインチキ発見!

高齢者を75歳からと定義
老年学会の提言に対しての塩崎の発言
厚労相の発言に日本のインチキ発見!


( - ゛-) ぱふ


塩崎厚労相は言う


""社会補償制度における定義
企業の雇用確保などの状況も踏まえ
慎重に議論しなければならん""


大手メディアはダメだね
ポカーンと会見を聞くだけである
日々いろんな人の声を聞いてない
だから反応できないのだ


ジャーナリストとして失格


ぺけ!「×」


現在の日本の制度
すでに75歳以上が高齢者なのです
そう言う仕組みで進んでいます
現実なのです


提言は現実に沿った提言です


わかりやすいのが高齢者のお祝い金
65歳では貰えません


お年寄りと話をすると・・
医療費も含め負担増ししていること
よく聞きます


75歳まで
どうやって暮らすんだ!
この声は退職者だけではない


65歳定年前に早期退職
退職金を頼りに65歳まで細々暮らす
そんな人たちも不安である


年金年齢が上がるかも
そんな不安が消費にも影響している
こう言う現実の声を知るべき


「暮らせない!」


この声が日本はとても多いのです


僕は1995年
欧州の国を1年間ミテ歩いてキタ
日本ほど年を重ねることへの不安
持つ国はなかった


これが不思議でしょうがない
だってニュースなどからの情報
日本のが貯蓄率も高いと言うのです


なんで?
普通はお金をより多く持つ人
不安がより少ないと考えるのが普通だ


「だろ?」


退職して年金を貰いだした人
暮らせないと新幹線の中で自殺
灯油を被り自殺したのである


それだけではない
列車への飛び込み自殺の数
日本はホームに警備員を常駐させる位
とても多い国である


ホームに自殺防止の為
警備員を配置するのは日本くらいだ
聞いたこと無い


退職しても豊かな暮らしができない
贅沢な暮らしではなく普通の暮らし
できないのが日本である


「じゃぱーんだ!」


75歳以上を高齢者
大いに結構だと僕は思いますね
どのように暮らすのか
明確に方向を示せ!


その為のかたちを作るべきである
日本のデフレが直らん理由のひとつ
国民を不安にさせるからだ!


日本はインチキ国である


カジノで経済対策?
そんなこと言う議員は落とせ!
無能以外の何者でもない


最低でも
不安無くほそぼそと暮らせる国
普通の国にはなりましょう


その為にはまともな議員を選ぶこと
これが最初の第一歩である


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

社会問題以外の文章
他のブログに書くようにしてます
http://jijitobaba.wpblog.jp/
興味がある人はどうぞ


iPodから送信

0 件のコメント: