2016年11月9日水曜日

崩れた天皇国体論

国体と言ってもわかる人は少ない
僕自身あまりよくわからん
これが日本の実体だろう


( - ゛-) ぱふ


山や川や海と同じように・・
ゴミが捨てられ汚れたとしても
山は山であり続ける


例えは悪いけど
どんな人であり天皇は天皇
あり続けると言う考えが国体である


だろ?


これは天皇制を維持する上で正しい
ただ非常に難しいことでもある


天皇を自ら次の人へ
国体の考え方からしたらできない
やれば国体と言う考えは消滅します


それを知っていて
天皇を次の方へ渡すのである
大変重い決断をしたと言うことだ


国体論を終わらす時がキタのだろう
日本の天皇制が終わるかもしれん?
可能性はないとはイエン


政治の判断の影響を受ける
これを認めるからだ


前触れは以前からあった
TVで元皇族を売りにする人もいたり
皇族が民間に近い存在になってキタ
すでに国体論と言う考えはない
ふつうの日本人にはね


ほとんど天皇制の意味も知らん


民間との結婚もあたりまえになり
皇族の血統も薄らいでいた


皇族の中には日本にいるより
海外で人間として暮らした方がイイ
そう思い留学を口実に住む人もいる
これが現実ではないだろうか


日本の天皇制とは何だ?
そもそも論を日本人がすべきだろう
そう言う時期に来てると思うね


僕自身は天皇制肯定の人である
民主主義は戦う仕組みであり
政治闘争は耐えない


国が混乱する危険が常にあると思う
象徴としての天皇が常に上にいること
政治の争いによる混乱の広がり
避けることができるだろう


仕組みとしては理想に近い


理想は現実の世界に染まれば
うまくいかないものである
残念だけど現実かな


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


iPodから送信

0 件のコメント: