2016年11月16日水曜日

冬の風景

街の木々もえんじ色になり
ジャケットの人は首にマフラー
コートを着る人も増えて来ましたね


( - ゛-) ぷる


寒くなりました


新しく冬の日本の風景になったモノ
マスクをしてる人の姿が定着した


僕も風邪の治りかけの状態でもあり
マスクは常に持ち歩いてる


咳が出る時や他の人が咳をしてる時
マスクをするようにしています
寒いと感じる時もします


マスクすると暖かいからね


日本の冬の風景になったマスク
これは日本だけの現象である
まだ15年くらいの現象だ


元々の日本のマスク
再利用を前提としたマスクだった
現在のマスクは手術用マスクの発展だ
使い捨てマスクである


僕が小学生の頃はいつも洗っていた
マスク1枚の値段も高かったのです
風邪曳かないと使わなかったしね


使い捨てにして利用しやすい価格
価格にしたことでシェアが伸びた商品
上手に展開できた商品のひとつだろう


このコンセプトのモデル
使い捨て懐炉でしょう


使い捨て懐炉も一気にシェアが伸び
これも冬になると使う人が増えた


従来は使わなかった人まで
使うようになってます


使い捨てではない白金懐炉
こちらは冬山に行くような時に使用
暖かさはこちらのが暖かい


冬山のザックには必ず入れておきます
僕の大切な冬の相棒である


ちなみに僕の白金懐炉
亡くなった父親のである
いつも冬になると3つ使ってた
寒がりの人でしたね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


iPodから送信

0 件のコメント: