2016年11月11日金曜日

世界のリベラル反発

米国大統領にトランプが選ばれる
欧州では移民反対を主張する党が躍進
イギリスはEU脱退を国民投票で選択


( - ゛-) ぱふ


大きな国際政治の流れが変わったこと
否定する人はいないだろう


どんな流れが変わったのか?
または流れがこれからどう変わるのか


ひとことで言うと・・
おかしなリベラルの時代が終わった


第2時世界大戦後の世界
平和という言葉を合い言葉にした
この言葉の延長線上にリベラルの世界
構築されたのである


平和への流れは悪いことではない
問題はバランスを逸脱したことをした
個人の利益のためにね


ここが重要である


戦後リベラルの歩んだ道
自分らの利益のために行ったのだ
この事実を検証して明らかにすべきだ


まずはどうしてリベラルへの反発
起きたのかを明らかにすべきだ
何を改善するのかわかる


リベラルは何をした?
わかりやすいのが移民である
金亡者の産業界が安い労働力を求めた
産業界と言うより拝金主義者だ


リベラルも貧しい国の保護と言って
移民を高めたのである


街では移民が大量に増え
元々住んでいた街の人と衝突が起きた
それを無視して多文化共生と言い
まだ増やしたのである


これ以上の移民は反対!
こんなことを言うと拝外主義者と叫び
潰してキタのが世界のリベラルだ


移民が増え過ぎた結果
衝突が増えてる中で起きたこと
起きたことが欧州のテロである


これ以上我慢できないと声をあげた人
沢山の人が移民反対の声をあげた
その声を消したのがメディアだ


メディアが偏向報道をしてキタのだ
このことも重要である


まるで多くの人が拝外主義はやめろ
少数の差別者と戦ってるよう
報道してキタのである


なぜ?


第2時世界大戦後
メディアで力を持ったのがユダヤだ
彼らは移民問題が自分らへの非難
繋がると考えてるのだろう


移民反対を言うとメディアが非難する
この流れを作り支えてキタ者達
僕はユダヤだと思っている


なぜそう思うのか?
瀋陽領事館事件が起きた時
外務省非難が起きたこと覚えてます?
この時に動いたのが在日である
在日朝鮮人が動いていた


在日イスラエル協会と繋がってた


在日イスラエル協会
外務省に助け船を出しながら
脱北者への支援に導いていたのです


日本のシンドラーと呼ばれる人
杉原千畝の情報がこの時
外務省に渡される


メディアもすぐに飛びつき
日本のシンドラーとして宣伝した
ユダヤ人の影響力を見せつけられたネ


上手にコントロールしていた


ユダヤに取り
移民排除は自分らへの非難
非難に繋がると考えてるのだろう
徹底的にメディアを使い対抗してくる


戦後のメディア
見つめるとリベラルによる偏向報道
このことがミエル


なぜ行えたのか?
メディアに入るユダヤ資本
この影響があったと言えると思う


世界の反リベラルの流れ
これは反ユダヤの流れとも言える
僕にはそうミエマスネ


こう言う話は長くなるので切る
10ページでも書くタイプですから


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


iPodから送信

0 件のコメント: