2016年11月10日木曜日

いじめの心理

ニュースをミテ
いじめるなんて酷いと言う人
そんな人たちも身近ではいじめをする


( - ゛-) ぱふ


保守であろうとリベラルであろうと
平和を叫ぶ人間もやるのである


意見の違いから対立
対立はいじめではありません
ところが対立する中で集団に呼びかけ
攻撃したりする


よく学校で起きるでしょ


やってる方はもともと対立が始まりだ
意識はその延長線上にある
いじめだと思わない


だから改善なんてされません
だって本人等はいじめだと思わん


でしょ


集団で攻撃を始めた時からいじめだ


いじめが減る方法ってあるのか?
いじめは良くないではあまり減少せん
だって悪いと思ってないケースが多い


僕はいじめが起きる心理に注目してる
生徒間や職場間で起きるいじめ
集団の中でなぜ起きるのか?


対立した時の解決方法
戦うルールが現代はないのです
昔なら決闘があり戦ったでしょ


暴力反対と叫び
すべての戦う方法が無くなった
唯一残った方法がいじめではないか?


僕は元不良である
幼い頃から悪ガキらと活動してた
バカが多いからすぐ喧嘩する
ぶつかるのです


喧嘩はやめろと止める
裏で陰湿ないじめがはじまる
だから不良の世界ではタイマンと言い
1対1で喧嘩をさせる


衝突したら喧嘩で決める
とても単純で効果的な処理だった
不良と言う世界に向く処理方法ですね


喧嘩して力が拮抗した時
疲れて戦えないくらいまでやらす
相手の力を認めた時に嫌いだった思い嫌いだと言う思いが薄れるのです


または実力の差がはっきり出た時
上下関係が明確にわかります
対立しなくなる


古い日本の時代のが・・
集団の心理を上に立つ人は知ってた
現在は集団心理を無視した知識
知識から喧嘩も止めてしまう


他の戦い方を示さずにね


わかっていてもできない
そう言う現実の現場の声もあるだろう
時間的な余裕がないからだ


いじめが無くならない理由のひとつ
戦う時間が作れないこともある


昔はどうやって時間を作ったのか?
他の方法を使ったのだろうか?
このあたりはまた別に書く
思い出したらね


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ〜



iPodから送信

0 件のコメント: