2016年10月6日木曜日

不安の減少と消費量は比例

年を重ねることは不幸なのか?
多くの人が漠然と感じている疑問だ
お金がないと何もできない?


必要最低限のお金は必要だけど
お金持ち以外は幸せになれないのか?


「・・・」


ニュースには老後破産など
老後の資金のことが書かれたりする
こんな国では消費は上がりません
不安ばかり感じるからね


でしょ


幸せな国とは・・
将来の暮らしに不安を感じさせない国
不安が少ないから挑戦しよう
そんな気にもなる


日本はそんな国ですか?
不安を煽ることを発信して金儲け
そんな人も多いんじゃないだろうか?


老後破産とか
いくら貯蓄すればいいんだよ!
それならかえって生活保護のが楽
そう考える人が増える理由
わかる気がしますね


逆の見方をした時
国民全員に暮らしに必要な金額
渡した方が消費も安定する


超高齢化時代の形かもしれません


ニュースを見てると気が付く
新しい形を生みだす国
北欧の国発も多い


何で?


生活の不安が少ないから
夢を実現する為にトライをする
そんな人が多いのかもしれん


最近日本に上陸した音楽サイト
世界で初めてWebで音楽を売るかたち
作った会社らしい


スウェーデンの会社のようだ


なんで日本ではないのだろうか?
挑戦する人を応援するかたち
少ないからだろう


老後破産なんて発信するより
暮らしに不安のないかたちを求める
このことのが大切だと思うね


ちなみに僕は100歳まで生きる予定だ
100歳まで社会の中の役割を担い
働きたいと思ってる


挑戦できる世の中であって欲しいね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: