2016年10月29日土曜日

飽きられたハロウィン

冷めるのが速いですね
表で仮装してバカ騒ぎをしてた人たち
自宅で楽しむ人が増えたそうだ


( - ゛-) クス


渋谷のハロウィンって・・
外国人と田舎者が騒いでいただけ
昔流行った竹の子族と同じである


一時的な流行で終わるようですね


竹の子族が一時的に流行った理由
原宿ホコ天と言う場所のネーミングだ
都会への憧れの心理が動いていた


原宿のホコ天で踊ったと自慢シタイ
そんな地方の人が集まってた


渋谷のハロウィンも同じだろう
渋谷と言うネーミングに惹かれる人
そんな地方の人が来てたと思うね


「千葉から来ました」


「埼玉から来ました」


「うぷっ」


僕も埼玉県人だけど
埼玉県でハロウィンの格好はしない
商業施設は便乗してるけどね


商業施設は飾り付けはしてます


商売ですから
なんでも便乗して稼ごうとする
それだけですね


消費が動くかミテキタけど
みんなしら〜として通り過ぎる
地方都市には大きく広がらないな


ハロウィンは渋谷という都会だから
都会に憧れる田舎者や外国人たち
仮装して騒ぐのである


このことを間違えてはイカン


僕が気になってること
日本は昔から都会への憧れを植え込み
消費を促すという手法を行う


ちょっと頼りすぎである
もっと安定的な消費を作ること
取り組まないとダメ


地方創生と言いながら
メディアは渋谷ブランドを利用
相反することを同時に行う


力が足りないから
地方ブランドを作れないのである
実力がないのだ


都市が持つブランド力ってある
原宿のホコ天や渋谷のハロウィン
これは下品なやり方だけどね


文化的な香りが無く
ソドムとゴモラのような世界
酒池肉林の退廃した匂いがします


御法度企画である


事実原宿のホコ天の裏
暴力団が資金原にしようと動いてた
薬物を地方の若者に売ったりしていた


少女たちの人身売買事件
裏ではいろんなことが起きていた
不幸を蒔いていた


退廃の匂う場所には犯罪組織も来る
これも現実でありわかってること
知ってて企画を仕掛けた


金儲けの為にね
だから下品だと言われる


もっと安定的に消費を作るもの
いくつも作ることを考えるべきだ
これが地方創生に繋がる


お金の循環が安定すれば
ブラック企業も減っていくでしょう


一発屋が増えると悪さもするのです
金になれば何でもするからだ


ハロウィンも一発屋の企画である
文化の香らない企画ですね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: