2016年10月27日木曜日

桃寿三笠宮崇仁親王

三笠宮崇仁親王が亡くなった
100年の日本を自分の目でミタ人だ
それだけでもすばらしいね


( - ゛-) ぱふ


僕も自分で100年間を体験シタイ
そんな思いがあるから
記事に注目シタ


大東亜戦争の時
将校として南京にいた人だ
現実にこの方がミタことを語ってる


戦争の悲惨さをね


僕はきちんとこの方の語った資料
目を通したことがないから
書けません


ただ・・
ニュースなどの断片からですけど
推測できることがある


戦争は人間を変えてしまう
戦時下で異常行動を取る兵隊もいる
通常時では考えられないこと
あると言うことだ


三笠宮崇仁親王自身がミタことの中
軍の戦意高揚の記録映画の話もある
目の前でミタ話ではない


では南京大虐殺はあったのか?
僕はなかったと考えてる


通常の戦争が行われた
その中で一部の兵隊が行った行動
捕虜への虐待・虐殺もあったのだろう


違法行為をした者は処罰された
きちんと軍規を守っていた部隊もある
国家が命令して虐殺が行われたこと
これは無いのです


だから南京大虐殺は無い
中国のプロパガンダでしかない
こう思うのが僕は正しいと思いますね


自然である


南京大虐殺は中国を含め
国際間の情報戦略の中で利用された
日本を犯罪国家にする為にね


プロパガンダを行う時
一部のことを大きく宣伝する
日本軍の命令で30万人が虐殺された
そうやって日本を貶めます


南京大虐殺はなかった
そう発言しだした日本人たち
プロパガンダに対しての戦いを挑んだ


プロパガンダに対して行ったのだ
ここが重要である


日本人で南京大虐殺はあった
そう言う人はちょっとおかしいのです
議論の論点が違います


南京大虐殺の議論の論点
日本を貶めるプロパガンダに対して
南京大虐殺なるものは無い
そう言ってるのです


よく三笠宮崇仁親王の南京の話
これを引用するリベラルもいるけど
南京大虐殺とは違います


捕虜を虐殺した兵隊がいた
戦争の悲惨さを語ってるのでしょう
語った内容は当時の戦争映画記録
その話を語ってる部分もある


ただ・・
戦争は人を狂わせてしまう
このことに対しては同感である


だからきちんと防衛をすること
舐められないことが重要なのである
強い者には手を出しません
戦争にはなりません


平和と叫んでも平和は来ない
日本は経済力で平和のバランスを作り
経済力が減少したことにより
防衛力のバランスでカバー
平和を維持している


ただ平和と叫び戦争反対と叫んでも
平和を維持できるとは思えない


三笠宮崇仁親王の戦争体験
読んでミタイですね


ネットで調べるとオリエント史研究
研究発表の書籍ばかりです


講演やインタビュー記事
読みあさるしかないのだろうか?
誰か集めてくれ


まとめ好きな人がネットには多い
勉強熱心な人が多いからね


ところで100年生きると桃寿です
カワイイネーミングでしょ


桃寿で亡くなった三笠宮崇仁親王
姿勢がぴーんとしてました
元軍人のたたずまい
美しいですね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: