2016年9月29日木曜日

ウーバー?

暇な時間を活用できる
飲食店の出前サービス事業のようだ
日本進出をするようである


( - ゛-) ぱふ


ニュースをミテ頭に浮かんだこと
ブラック企業にならんようにしてくれ
この言葉がぽつりと出たね


日本は余暇時間を生かしたバイト
成功してるモデルを知らない
ビジネスとしてはね


ビジネスではないけど
ボランティア活動に近いものとして
社会福祉協議会がやってる事業がある


労働ではなくボランティア報奨金
外出介助などいろいろお手伝いをする
退職後に登録して手伝う人も多い


登録者がいても
特定の使いやすい人に集中する
暇な時間のお手伝いと言ってもね~
実体はいつでも応じてくれる人
便利な人が求められます


ボランティアの世界でもこうなる
飲食店の料理を運ぶとなったら
特定の人が運ぶようになる


いつでも配達に応じてくれ
住所もよく知って礼儀もわかる人
まるで正社員を求めるようでしょ


ようするに・・
日本ではこういう固定化した労働
偽装請負とか呼ぶ中に入る


暇な時間にちょっと稼ぐ
僕はこの考え方自体は好きである
上手に運営できれば喜ばれる


不満が出ないポイントはどこか


労働対価が満足できること
このことにつきる


残念ながらウーバーの仕組み
先行して行ってる国で不満がある
配達をする人からもう少し配分比率
上げて欲しいと要求がある


「金寄越せ!」


この仕組みの要の部分で不満がある
新たなブラック企業になる可能性すら
感じてしまいますね


お店に喜ばれ
配達する人にも喜ばれる
その結果事業が成功するのです


配達する人に不満があれば
お客に届ける時に顔に出てしまう
事業として無理があると言うことだ


喜ばれる味付け
どういう風に行うかで変わるだろう
労働対価は喜ばれる範囲が重要


仮にインクルージング
国民全員にお金を配分する国なら
最低限の暮らしが確保されてる中なら
余暇時間を有効に使うお仕事
不満はでずらいだろう


まだ未来の仕組みですからね


「・・・」


とにかくブラックにはならんで欲しい


もう少し書きたいな
日本では共同配達の需要はある
商店街に店員を雇い売れてるお店
例えば八百屋さんがあったとする


お客の少ない時間帯
店員が昔はご用聞きに回った
気の利いた店員だと他のお店のも聞く


注文取って配達して上げるのです
後で何らかのお礼をして貰えたり
飲み屋で会った時にご馳走される
上手に関係を作ったりしてた


人手が足らないお店に取って
共同配達はビジネスメリットが増える
日本では助け合いの考え方があり
共同配達は小さな輪としてあった


ビジネスになれば労働対価の課題
必ず浮上し重石になります
だから手を出さない


逆の見方をすれば
需要があるのに放置されてた
上手なビジネスモデルができれば
他にも暇な時間を生かすビジネス
広がると思いますね


さっコーヒーも飲んだし
学校へイコかな


今日は駅前のスターバックスだ
このお店はビジネスマンが多いね
パソコンを立ち上げてる人もチラホラ


仕事前にお仕事してます
手帳をミテ今日のスケジュールを確認
仕事モードに切り替える場となってる


そんな僕もポメラを立ち上げ
ぴこぴこ文章を書いてます
気分は労働者だ


「むふ」


では・・


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ~

0 件のコメント: