2016年9月4日日曜日

写真に再び目覚める

20歳の頃に夜間で写真学校へ行き
卒業前には写真の仕事を始めていた
写真をお仕事にしてた頃もある


( - ゛-) ぱふ


現在は無職で学生だけどね
52歳にしてWebデザインを学ぶ学生だ
職業訓練支援校ですから無料だ
国費で払ってもらってる


「むふ」


僕が写真をしていた時代
フィルムカメラの時代である
マニュアルで撮影することに拘った
自分で現像からプリントまでした


1995年の欧州の旅の時
写真を撮ることをやめました
何もミテナイ自分に気が付いたからだ


何年前からだろう
一眼レフではないけど時々写真を撮る
昔風で言うバカチョンカメラでね


トイカメラはシャープネスがない
ぼんやりとした写真になる


なんだこれって言う仕上がりだ
この仕上がりを想定して写真を撮る
味が逆に出るのです


カリッと仕上げたい時
解像度のイイカメラを使い
ぼんやりした映像が撮りタイ時
トイカメラは味が出る


昔の写真好きの人たち
レンズ特性をよく知って撮影してた
こだわりを持つ人が多かった


現在のデジタルカメラ
ほとんどオートで撮るから
レンズ特性を気にする人は少ないかな


画像処理ソフトで後処理もできる
味のあるレンズの必要性は下がったな
似た雰囲気が作れますからね


僕もWebデザインを学ぶ中
画像処理をするPhotoshopも学んだ


いろんなことができるけど
基本は撮影がしっかりしてないとね
いじるのも大変である


少しずつだけど写真も楽しんでます
たぶんまた一眼レフを買うだろう


久しぶりに撮りたい欲望が高まってる


ミ((((( ̄○ ̄) パシャ

0 件のコメント: