2016年8月31日水曜日

吊り広告と眺望カフェ

僕の楽しみの一つ
電車内の広告をミルのが楽しみだ
欧州にはない文化だな


( - ゛-) ぱふ


電車内に広告を貼れば
ビリビリに破かれ跡形もない
日本でも人気タレントのは同じだ


張り替えを前提に広告を出している
破かれるのではなくお持ち帰りだ


東武電車を利用するようになり
JRとはまた違う広告があることを知る
印刷広告は減少しているのだろう
モニター広告に移行してる


「んっ・・電車が走らん」


どうやら急病人が出たようだ
救護活動の為に電車が止まってしまう
当然救護優先である


なんぼでも待ちましょ
早く家を出るので僕は余裕がある
30分止まっても遅刻しません


「むふ」


走り出したので話しをもどす
印刷の電車内広告は減少している
その開いた穴を利用して自社宣伝
最近増えてるのです


これが面白いからミテル
活動報告や関連会社の宣伝広告
少し広告として緩い感じがイイ


広告って結果を求められるから
冒険して失敗を恐れてしまいます
表現としての面白さが減少する


スカイツリーへの利用を高める為
眺望カフェを始めているようだ
ローカル宣伝してます


早朝のスカイツリーの眺望
知ってるのは早朝から仕込みをする人
現場の労働者達でしょう


そんな人たちの中から
この景色を売りにしたらどうですか
そんな声でも出たのでしょうか


その声を企画デザインして行く
浮かぶワードは眺望だ


カフェと言えばティファニー
次々素直な連想が浮かぶ


素直な連想を企画するって難しい
新しいものを求めたがるからね
でもイイものはイイのです


空いていた車内の印刷広告掲載場所
吊り広告に乗せましょうと決まる
そんなローカルな決定の仕方
勝手に想像してしまう


そんな印象を感じる企画に「ほっ」


のんびり眺望カフェもいいな
そんな気にさせますね


スカイツリーのある押し上げ駅
通学で使う駅の路線だけど
ちょっと離れてる


何時から開いてるんだろう
興味を持ちメモ帳に記入した
後でネットで調べてミヨ


これからの広告って・・
興味を持たれネットで検索され
行きたい思いや行った感想
SNSに書かれます


この流れを想定した広告
重要になるのでしょう


電車を降り
僕はモーニングカフェ
今日はドトールで書いてます


モーニング時間は若い人は少ない
若い人でも30代くらいかな
40代・50代の人が多い


僕は52歳だけど
モーニングを食べ新聞を読み
印刷雑誌も読んでキタ世代である


お茶しましょ文化を体験した世代だ


「スカイツリー」「眺望」


am8:00から?


ミ((((( ̄○ ̄) おせぇ~ 

0 件のコメント: